ブリーダーからトイプードルの購入時に気をつけることは?

 

見た目もキュートでフレンドリーな性格をしているトイプードルは、人気犬種ランキングでも常に上位に位置づけられています。
また、トイプードルは初心者が飼いやすい犬種の一つでもあります。

そんな人気のトイプードルですが、理想の子犬に出会いたいのであれば、ペットショップではなくブリーダーから購入したほうが、いい子に出会える確率が高くなります。

今回はブリーダーから購入する場合に注意すべき点について解説いたします。

トイプードルが人気な理由

トイプードルの人気の理由は、まず何といっても見た目のかわいさではないでしょうか。くるくるとした巻き毛がとても愛らしく、毛色もレッド、ホワイト、ブラック、ブラウン、アプリコットなど10種類以上はあります。さらに、おしゃれでかわいいカットスタイルが選べるのもトイプードルならではの楽しみです。顔をバリカンで刈り上げず丸く作り込む「テディベアカット」の子は、ぬいぐるみのようにかわいらしく、トイプードル人気の火付け役ともなっています。

かわいいのはもちろんですが、トイプードルの大きな魅力は何といってもその性格です。トイプードルはとても利口で飼い主に従順なので、しつけがしやすい上、温厚でとてもフレンドリーな性格をしています。そのため、小さなお子さまがいるご家庭でも、安心して家族として迎えることができます。また、ほかのペットとも良好な関係を築くのが得意なので、多頭飼いも適応しやすいでしょう。

また、抜け毛が少ないのもトイプードルの特徴です。ほかの犬種は抜け毛が多く、部屋で飼う場合には掃除に苦労することがあります。特に春と秋の換毛期には、初めて愛犬の換毛期を迎えた飼い主さんはその抜け毛の量に驚くかもしれません。ただし、トイプードルの抜け毛はあまりありませんが、1ヶ月でとても毛が伸びる犬種ですので、定期的なトリミングや日々のブラッシングが必要になります。

このように、マンションや集合住宅でも無理なく飼え、初めてペットを飼う方にも飼育しやすいトイプードルは、家庭で飼育する犬として望ましい特徴をいくつも持ち合わせています。

トイプードルの種類

実は、JKC(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ)で認められているプードルの種類は、スタンダードプードル、ミディアムプードル、ミニチュアプードル、トイプードルの4種類です。一番小さなトイプードルでも、体高が24~28cmと定められています。このくらいのサイズのトイプードルだと、実際には4~5kgぐらいの子が多いと思います。

JKCの公認ではありませんが、人気のトイプードルの中でもその大きさによって、マイクロサイズ、ティーカップサイズ、タイニーサイズ、トイサイズという名称で分類されていて、それぞれいろんな子がいますので、初めての方は迷ってしまうかもしれません。それぞれ下記にサイズになりますので目安にしてください。

  • マイクロサイズ:1.5kg未満
  • ティーカップサイズ:2kg未満
  • タイニーサイズ:3kg未満
  • トイサイズ:5kg未満

テレビなどで小さなトイプードルがよく紹介されていますので、トイプードルの中でも小さめのサイズの子が人気です。小さな子といっても、優良なブリーダーのもとで生まれた小さなトイプードルなら問題はありません。ただし、悪質なブリーダーの中には、小さな子を育てるために、成長期に食事を与えなかったり、未熟児を帝王切開して取り出したりなど、金儲けだけが目当ての悪質で恐ろしいブリーダーも存在します。特に小さなサイズのトイプードルを飼うときは注意してください。

トイプードルの値段の違い

トイプードルの中にも、マイクロサイズ、ティーカップサイズ、タイニーサイズ、トイサイズといろいろなサイズがあり、大きさによって値段が変わってきます。特に小さな子になるほど人気も高く、値段も上がる傾向にあります。

実際、子犬の値段に定価というものはありません。ブリーダーやペットショップが、市場の相場や需要と供給、犬質などによって決めています。数万円で購入できる子もいれば、チャンピオン血統の子など100万円以上の値がつく子もいます。基本的に犬質が良い子は値段が高くなり、評価がよくない子は値段も低くなります。

例えば、さきほど挙げたチャンピオン血統の子や、小さくてマズルの詰まったお顔のかわいいティーカッププードルなどは値段が高くなります。逆に、トイプードルの規格サイズ以上に大きくなりそうな子や、歯のかみ合わせが悪い子、色素が薄い子、毛が薄い子などは値段が下がります。

また、母犬が小さい場合は出産できる頭数も少なくなります。通常のトイサイズの母犬が4頭から5頭を出産するのに対し、ティーカップサイズの母犬は1~2頭ほどしか出産できません。出産頭数が少なく、値段もその分高くなってしまうのです。

また、お顔についても、ティーカップサイズは特にテディベアのぬいぐるみのようなマズルが短い子が、かわいらしいということで人気が高く、マズルの短い子も値段が高い傾向です。

理想のトイプードルに出会うには

小さなサイズのトイプードルは、非常に人気があります。ですが、小さめの子は出産頭数も少なく、繁殖させることが難しいのです。その中でも、人気の高いマズルの短い子になると、より頭数が少なくなるため値段が高くなります。

自分にとって理想のトイプードルの子犬を家族に迎えたいのであれば、まずは信頼できるブリーダーを見つけることです。信頼できるブリーダーなら、何代にも渡って血統を残していますので、大きくなったときのサイズや将来の顔の予想も正確です。両親や兄弟犬の特徴もきちんと把握しています。体や顔、性格などの特徴はもちろん、遺伝性疾患の有無も確認できます。また、健やかな環境で育てられた犬は、ご自宅に迎えた後も健康的に育ちやすいものです。

まとめ

トイプードル専門ブリーダー「TOY ANGEL」では、両親の体のサイズからこだわり、テディベアタイプでマズルが短めのお顔がかわいいトイプードルが育つよう心がけています。また、親犬を自然豊かな環境の中で我が子のように大切にのびのびと育てて、健康な子犬たちをお客さまのもとへ送り届けることができるよう一生懸命育てております。子犬の見学時に両親も一緒に見学できますので、お気軽にご連絡ください。

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930