トイプードルの気になる価格は?〜初めてのトイプードル〜

 

トイプードルはワンちゃんの中でもかわいくて多くの人から愛されている犬種です。

しかし。いざ飼おうとすると、どの程度の価格がかかり、どのようなことに気をつけなければならないか分からない方も多いでしょう。

本記事では、トイプードルを購入するにあたって、価格相場からトイプードルを飼うために知っておくべきポイントを紹介します。

トイプードルの相場

一言で「トイプードル」といっても、さまざまな種類によって値段が大きく異なります。一般的な価格を例にして、トイプードルの価格をご紹介いたします。

タイニープードル

トイプードルの中でも小型サイズのタイニープードルの相場は25万~45万円です。お店によって価格は異なりますが、安いワンちゃんになれば、35万円程度で購入できます。茶色の毛が特徴的で、多くの方が赤、茶系の色を求めて購入する飼い主さんが多くいます。

ティーカッププードル 

タイニープードルよりもさらにサイズが小さく手のひらサイズにおさまるのが、ティーカッププードルです。価格はタイニープードルよりも高く50万~85万円程度です。可愛い子だと90万円近くになることもあります。

ティーカッププードルは小型犬で、マンション内で飼ってもワンちゃんにとって負担がかからないので、おすすめのサイズです。

 

トイプードルを選ぶポイント

初めてトイプードルを購入する方はどのような点に注意すべきかご存じの方は多くはないでしょう。ワンちゃんを初めて購入するときは下記の点に注目をしてワンちゃんを選んでください。

生後何ヶ月か

生後何ヶ月のワンちゃんであるかも必ずチェックしましょう。生まれてすぐのワンちゃんでもよいですが、初心者であれば2ヶ月程度がおすすめです。また生後間もないワンちゃんは持病を患っている場合もあります。購入して問題ないかブリーダーとご相談の上、購入を決めてください。

性格

ワンちゃんで最も大切なものが性格です。性格によってはしつけや、世話をする中で苦労があります。生後すぐはどのような性格が分からないものの、ある程度経過したワンちゃんであれば、ブリーダーがある程度性格を把握しており、購入時にどのような子であるかを聞いてみてください。

初めて飼う場合には、おとなしめの性格の子を選ぶようにしてください。もちろん、元気な性格でも手がかからない場合があるので、ブリーダーのアドバイスを聞いてください。あなたに合う性格の子を選ぶようにしましょう。

予防接種などの必要があるか

ペットショップによってはワンちゃんの購入費とは別途、予防接種の費用を負担しなければいけないケースもあります。購入後に無接種が発覚して、お側とトラブルになる可能性もあるので、購入時に予防接種などの費用は確認しておきましょう。

すでに予防接種を受けているワンちゃんであれば、いつ予防接種を受けたかも確認してください。予防接種はワンちゃんの健康を守るために欠かせません。

保護犬を引き受ける

ペットショップやブリーダー専門店で購入するとどうしても費用がかかってしまい、購入が難しい方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、保護犬を引き受ける選択肢もあります。

メリット

保護犬のメリットとしては、ペットショップなどで購入する費用が全くかからないので無料で引き取ることができます。どうしても費用が高く購入できない場合は、トイプードルを扱っている保護犬団体に相談をして引き取るようにしましょう。

保護犬を引き取る場合は、トライアル期間があります。もし引き取ろうとしていたワンちゃんが引き取った後に、問題行動が多く飼うことができない場合は保護団体に返却もできるので、シミュレーションはおすすめです。

デメリット

保護犬はデメリットも存在します。持病を持っているワンちゃんもいれば、年齢的に成犬、老犬期を迎えているワンちゃんもいるためすぐに亡くなることもあります。

一から関係性を築きたい方はブリーダーや専門店で販売しているワンちゃんを購入しましょう。慎重に検討してください。

まとめ

トイプードルは小さな体とふわふわの毛なみが愛らしい、キュートで魅力たっぷりなワンちゃんです。飼えばあなたのペットライフを充実した華やかなものにしてくれます。

トイプードルの購入をご検討の方は「TOY ANGEL」をご利用ください。あなたの探しているトイプードルにきっと出会えることでしょう。

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930