かわいい子犬と暮らすために! 正しいブリーダーの選び方とは?

かわいい子犬と暮らすために! 正しいブリーダーの選び方とは?

これから長い付き合いになる子犬を飼うとしたら、自分にとって理想の犬と暮らしたいものです。本当に健康で性格もよい子犬暮らしたいのであれば、優秀な子犬を育てているブリーダーから譲ってもらうことがベストです。

ブリーダーから犬を迎えようと考えている方にとって、ブリーダー選びは非常に重要です。では、優秀な子犬を育てているブリーダーを探す場合にはどんなことに注目すればよいのでしょうか。本記事では、正しいブリーダーの選び方をご紹介します。

特定の犬種にこだわって育てていること

よいブリーダーの条件、第一に、人気犬種かどうかに関わらず、自分が好きな犬種の保存と犬質の向上を目的として繁殖をしていることです。

ブリーダーの中には、犬を売ることが目的となっている業者もいます。そういう業者は、流行の犬種に合わせて繁殖犬種を変えていきます。また、複数の人気犬種を繁殖している場合もあります。もちろん、そういう業者の中にも、よいブリーダーがいないとはいえませんが、やはり好きな犬種にこだわって育てている者が、よいブリーダーであることが多いです。

自分の好きな犬種を繁殖させているからこそ、その犬種への愛情も深く、また、犬種特有の知識も豊富です。そのため、あなたが初めて犬を飼う場合でも、犬種に応じた適切なアドバイスができるなど、強い味方になってくれると思います。

正しい知識を持っていること

次に重要なことは、犬(犬種)に関する正しい知識を持っており、新しい知識についてもしっかりと勉強をしていることです。

繁殖の質を保ち、犬種の質を向上させるためには、繁殖生理だけでなく、遺伝性疾患など犬に関する正しい知識が必要です。繁殖の質を保つためには、できる限り検査などをして、遺伝性疾患のリスクを減らすことが必要です。また、問題行動を起こす犬や、先天的な問題がある犬は繁殖からリタイアさせるなど、しっかりとした管理をしなければなりません。

よいブリーダーは、常に新しい情報を勉強し、積極的に犬に関する知識を取り入れています。また、専門的な知識だけでなく、犬の飼育についても詳しく理解していますので、犬を飼う上で分からないことがあれば、ご遠慮なく相談してください。相談内容によっては、ブリーダーも知らないことがあるかと思いますが、よいブリーダーであればその場で回答できなくても、後で調べてアドバイスをしてくれるでしょう。

犬舎が清潔に保たれていること

犬舎が汚れている場合は、感染症のリスクが高まります。子犬は免疫機能が十分ではないため、感染症にかかりやすいのです。そのため、病気になったり、最悪の場合は死んでしまったりします。犬の命を大切にするブリーダーであれば、子犬が感染症にかからないよう、できる限りのことをしています。行きつけの動物病院があり、親犬も子犬も健康診断や治療をしっかりと受けて、感染症にかかるリスクを減らしています。もちろん犬舎を汚れたままにすることはありません。

犬舎を清潔に保つことは、当たり前のことのように思う方もいると思いますが、悪質な業者の場合、人が見学しに来るときだけ一見清潔なように見せかけることや、見学自体を断るケースもあります。出産前後など、時期によっては見学が難しいこともありますが、よいブリーダーであれば、常に犬舎を清潔に保ち、基本的に犬舎の見学を受け入れています。

購入者(購入希望者)としっかり話をしてくれること

犬を飼うことで得られるメリットはたくさんあります。犬を家族として迎え入れることで、犬は家族の一員として、家族全体に「癒やし」を与えてくれます。しかし、犬を飼うことはメリットばかりではなく、デメリットもあることを忘れてはいけません。

犬を飼うことは、家族が増えることです。相応の覚悟がなければ飼うことはできません。まずは、金銭面です。飼育に必要なエサやペットシーツなど、日用品を揃える必要があります。また、感染症を予防するためのワクチン代や、病気になったときの治療代も高額です。お金だけではありません。犬を飼うことは、自分の時間の多くを犬に捧げることになります。実際に犬を飼っていると、泊まりがけの旅行に行くのも難しくなります。

よいブリーダーは、自分の育てた犬を、購入した飼い主の方にも大切に育ててほしいと考えています。だからこそ、犬のよい点ばかりを説明して、無理に購入させることはしません。購入希望者からの質問には、よい面ばかりでなく悪い面も、正確にしっかりと答えるだけでなく、その購入者にとって自分の育てた子犬が向いていない場合には、そのこともしっかりと伝えます。それだけではありません。購入後であっても、飼い主が子犬を健康に育てられるよう、質問や疑問にしっかり答えます。

正しいブリーダーとは

よいブリーダーから譲り受ける子犬は、購入者に引き渡される前に、獣医師による健康診断を受けており、体調がよくない子であれば、治療を受けてからの引き渡しなので、基本的に健康状態のよい子犬です。それでも、子犬も生き物ですから、引き渡し後に体調を崩す、病気が発覚することもあります。このような場合でも、よいブリーダーであれば、治療費の負担や、健康診断をした獣医師と協力してしっかりとした対応を講じてくれるでしょう。

まとめ

トイプードル専門ブリーダー「TOY ANGEL」は、細やかなサービス、アフターフォローを心がけ、健康な子犬たちをお客さまのもとへ送り届けることができるよう一生懸命育てております。また、子犬をご提供するだけでなく、迎え入れるために必要なアイテムなどもご用意しています。気になる子犬がございましたら、見学やお問い合わせなどお気軽にご連絡ください。

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930